気になるインテリア「aaeke(アールケ)編」

まだ6月だというのに早くも夏のような暑さ・・・
なんだか暑くなってくると、冷たくノド越し爽やかな炭酸が飲みたくなりますよね。
我が家でも夏はもちろんのこと、お酒を割ったり、料理に使ったり1年中使用頻度が高めですが、毎回買うのは重かったり、大量のごみ問題もありました。

そこで、こんなに飲むならいっそソーダマシンが欲しい・・・(どうせならかっこいいヤツ!)と探したのがコチラ!
aarke Carbonator Ⅱ」(アールケカーボネーター2)

どうですか?パッと見た感じはビールサーバーのような雰囲気ですが(笑)
かっこいいソーダマシンを探していた私にはもうこれを買うしかない!と一目惚れ。
ステンレスボディがなんとも高級感やらインダストリアル感やらがビシビシ溢れ出ちゃってます。

スウェーデン・ストックホルム発のaarke(アールケ)は、インダストリアルデザイナーよって北欧独特のデザインをさらに洗練させフォルムデザイン、使い方のすべてにおいてシンプルを追求したものなんだとか。
たしかに、見た目もシンプルですが、使い方もとてもシンプル!電池や電源など使わない完全手動タイプで邪魔なコードなどは無くスッキリ。

そして、手動ならではの良さでもある炭酸の調整が自由自在。ちょっとシュワシュワな微炭酸からガツンと強炭酸まで自分好みに作れちゃいます。
レバーを倒して炭酸を入れる作業も、毎回ワクワクと楽しいイベントだったりします。
(ちなみに、1回で微炭酸、2回で中炭酸、3回以上で強炭酸。炭酸が抜けたら追い炭酸も可能。ポイントは、冷蔵庫で事前によく冷やしておくと炭酸が入りやすい! )

そして、専用ボトルのカッコ良さにも注目。ステンレスがアクセントになったクリアなボトルはそのままテーブルに出しておいてもサマになるカッコよさ。ボトル1つにもデザイナーのこだわりが感じられます。

ところで、いったいどんなガスシリンダーを使っているのかというと、たぶん皆さんもTVCMなどでチラッと聞いたり、見たりしたことがあるsodastream(ソーダストリーム)のモノを使います。

購入方法は、家電量販店やネットなどで簡単に購入できます。初回購入後は、空のシリンダーと交換で購入という流れになります。
お店に持っていく手間や、ネットで手続きなどちょっとした手間はかかりますが、ペットボトルのゴミが減ることを思えばそんなに面倒でもないかなと思っています。

いかがでしたか?これからどんどん暑くなる季節!今年の夏は自分好みの炭酸を作ってお家で爽やかな炭酸ライフを楽しんでみるのはかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました