フィラメントに一目ぼれ、、エジソンバルブの魅力

こんにちは♪営業アシスタントの藤田です(^o^)/

本日は注文していたシャンデリアを受け取りに目黒通り沿いにあるPoint38さんに伺いました!!

ここは、1920年代から1970年代のアメリカやフランスなど海外からの輸入品を扱っているヴィンテージショップです。

ヴィンテージ家具、ショップディスプレイ小物、オリジナル照明、ヴィンテージ自転車など、、まるで洋画の世界に入ったような空間が広がっていました!!

こうゆう雰囲気の場所、大好きです、、( *´艸`)

 

と、ここで、ずっと気になっていたエジソンバルブ発見、、!!!!

エジソンバルブとは1880年頃にトーマスエジソンが発明したカーボン電球の復刻版です。

あえて電球の中にある金属の細い線であるフィラメントを見せるのがエジソンバルブのスタイルで、フィラメントが渦を巻いていたり、直線状に何往復もしているものなどたくさんの種類があります。

なんだか懐かしく、暖かみのあるこの明かりは直接見ていても目が痛くなりません。

なんだかずっと見ていたくなるような、見ていると心が落ち着くような気がします(*´▽`*)

 

実はこの照明はRenova代官山の廊下と洗面室に取り付けられていて、インダストリアルな空間を演出しています。

 

このエジソンバルブを部屋の照明に変えるだけで一気にオシャレなお部屋になりそうです!!

是非チェックしてみてください♪

タイトルとURLをコピーしました