アンティークマンションを見れる日

ナニコレ?

下北沢の古着屋に鎮座していたこのコート。なんと100年以上前のもので、博物館に置かれていてもおかしくない資料性の高いアンティーク品なんだとか。

実はアンティークやヴィンテージと言った言葉に明確な定義はなく、ヴィンテージは30年以上、アンティークは100年以上前のもの。というのがザックリとした区分けのようです。

そう言えばアンティークマンションって聞いたことないよなと思ったら、それもそのはず。日本初の分譲マンションが誕生したのは1953年のことでした。ヨーロッパのように築100年を超えるマンションが日本にないのは、スクラップアンドビルドでこれまで成長してきて、かつ地震が多いことも関係しているのかもしれません。

将来、日本でもアンティークマンションを見る日がやってくるのだろうか。そんなことを考えた1日でした。

タイトルとURLをコピーしました