リノベーション住宅で変わる住まい選び-リノベーションマンションRenova

リノベーション住宅で変わる住まい選び

物件の再利用は環境への負荷を軽減します。機能性とデザイン性を追求することで、新築を超える付加価値をつけることもできます。
それはもはや中古でなく、新しい住まいのカタチなのです。
Renovaでは中古マンションのリノベーションを自社施工により積極的に手がけ、新しい住まいのカタチ
「リノベーション住宅」をご提案します。

リノベーション住宅とは

リノベーション住宅とは

リノベーション住宅とは、中古住宅に対して、機能・価値の再生のための改修、その家での暮らし全体に対処した、包括的な改修を行うこと。
例えば、水・電気・ガスなどのライフラインや構造躯体の性能を必要に応じて更新・改修したり、ライフスタイルに合わせて間取りや内外装を刷新することで、 快適な暮らしを実現する現代的な住まいに再生していきます。

ライフスタイルにあった、自分の街を見つけよう

ライフスタイルにあった、自分の街を見つけよう

暮らしやすさにこだわるなら、間取りや機能性など住宅そのものはもちろん、街の雰囲気や周辺環境選びも大切なポイント。
静かな住宅街か、それとも若者が集まる元気な街か、理想のライフスタイルに合わせて選ぶことが、心地よい住まい選びの第一歩です。
既存物件を利用するリノベーション住宅なら、憧れのあの街や人気エリアでの暮らしも夢ではありません。お気に入りの街選で、とっておきの暮らしを手に入れることができます。

好きな素材で、好きな色で、自分好みの空間に。

好きな素材で、好きな色で、自分好みの空間に。

自分にあった間取りで、好きな素材で、好きな色で、自分好みの空間に。 だから当然暮らしやすいし、家にいるのが楽しい。
築40年のマンションに最新設備を入れてアンバランスを楽しむ。 古い鉄枠のサッシの無骨感をあえて残し、レトロ感のある建具を再利用して、 ヨーロッパの古い アパートみたいな感じを楽しむとか、間仕切りを全て取り外し、ごきげんな家具で仕切るのも楽しい。
中古マンションのリノベーション住宅なら「あれも、これも」が全て自分らしく出来るのです。

リノベーション住宅 BEFORE & AFTER(Renova恵比寿)

好新築よりリーズナブルなカタチでつくる「ゆとり」。

新築よりリーズナブルなカタチでつくる「ゆとり」。

夢のマイホームをがんばって手に入れても、家族とゆっくり過ごしたり、趣味をたっぷり楽しんだむ経済的なゆとり持てなければ意味がありませんよね。 本当のゆとりを得るなら、経済的に無理のない家づくりが大切なのです。
リノベーション住宅は、予算や家族構成、ライフスタイルにあわせた生涯にわたって経済的なゆとりあるライフプランを描くことができます。

ストック型社会がゆとりのもと

ストック型社会がゆとりのもと

新築住宅に比べ、価格が低く、購入後の価格下落も穏やかなのが中古住宅の特徴。
リノベーション費用をかけても新築に比べリーズナブルに住まいを取得できるだけでなく、資産価値の目減りが少ないといえます。
また、リノベーションをすることで、価値が高まり、次世代へ優良なストックを引き継ぐことができます。

資産価値の目減りが少ないという特徴

資産価値の目減りが少ないという特徴

ヨーロッパでは、前世代からの住宅ストックを引き継ぐため、その分住宅にかかるコストを抑えることが出ます。
また、住宅を次世代へ引き継げるということは、住宅にかけたお金は貯蓄ととらえることも。
ヨーロッパ人が日本人より少ない収入で、バカンスや文化へ投資するゆとりや豊かさを享受しているのは、住宅を循環的に使うストック型社会だからです。

リノベーション住宅で地球に優しく暮らそう。

リノベーション住宅で地球に優しく暮らそう。

マンションも一戸建ても壊した時には大量の廃材やゴミが出て、また新築する時には多くの建材が 必要になります。
こうしたサイクルから抜け出し、一つの家に繰り返し手を入れて永く住めるようにする手段がリノベーション住宅です。
日本の中古住宅流通量は全国で300万件に迫る勢いで年々増え続けています。これらの「ストック住宅」をリノベーションし、新しい価値を与えながら、 次世代に引き継いで行くことが可能です。廃棄物を大量に出す「スクラップ・ビルド」より自分にも、地球にも優しいリノベーションです。

日本の住宅はとても短命

ストック型社会がゆとりのもと

欧米諸国に比べ、日本の住宅はとても短命。この差は、建物の耐久性の違いというよりも、新築偏重の日本の住宅事情に起因しています。 まだ十分に使える住宅を、短い年月で使い捨てにしてしまうのは経済的にも環境的にもとても無駄なことです。
一方で日本の住宅の7.5 戸に1戸は「空き家」。これからは、今ある住宅を長く大切に活用していくことが求められています。

資産価値の目減りが少ないという特徴

資産価値の目減りが少ないという特徴

CO2排出量は建て替え工事に比べて1/33 とわずか(左図)。 廃棄物の発生も1/22 で済み、資源の節約に直結します。 リノベーション住宅は、未来・次世代を見据えた選択肢なのです。

トップに戻る