東京都のリノベーション済み中古マンション(売主:手数料無料)-Renova(リノヴァ)

都立大学 vol.1パレロワイヤル目黒平町シンプルで生活感の気薄さの中で大人かっこ良く暮らす

専有面積:80.91㎡ 

目黒区平町2丁目

SOLD OUT

この物件は既に成約済みです。

▼ もっと見る ▼▲ 閉じる ▲

物件概要

物件名
パレロワイヤル目黒平町
所在地
目黒区平町2丁目
最寄駅
東急東横線 都立大学駅 徒歩7分
間取り
2LDK
築年月
1982年7月築
専有面積
80.91㎡
バルコニー面積
6.55㎡
建物構造/所在階
鉄筋コンクリート造4階建3階部分
総戸数
19戸
管理方式
全部委託
管理費/月額
27,300円
修繕積立金/月額
31,500円
引渡時期
即可
土地権利
所有権
駐車場
空有(2017年5月現在)
取引態様
売主
ペット
MAP
間取り
Comming soon...

パレロワイヤル目黒平町について

シンプルに大人カッコよく暮らす。 旬の塩系インテリアをプロデュース

自分にとって本当に大切なもの、心地よいものだけを見極めて大切にする暮らしが多くの人に共感されています。 同時にそのスタイルを受け容れられる居住空間の力も問われてきます。 生き方にも通じるシンプルな暮らし。 今回、そんな思いに応える“塩系インテリア”をご提案致します。 場所は人気の東急東横線「都立大学」駅から徒歩7分。「パレロワイヤル目黒平町(Renova都立大vol.1)」です。 南口方向へ出て数分歩き、「呑川緑道」を左へ。真っ直ぐ歩くと程なくしてマンションに到着。 呑川緑道は春には満開の桜、初夏からは豊かな緑が道行く人々の心を潤してくれます。

周辺環境と交通アクセスにも恵まれた「都立大学」駅は、 東急東横線「渋谷」駅から5駅10分、新宿駅まで16分、品川駅は18分、横浜駅20分、東京駅23分と、申し分のない利便性です。 お買い物も大変便利。駅の目の前にある「東急ストア」が深夜1時まで営業しており、 他にもスーパー、肉店、ドラッグストア、書店、カフェ、菓子店など、日常生活に必要なお店が揃っています。 華やかな自由が丘の隣でありながら、気張らず落ち着いて暮らせる点も評価の高い理由でしょう。

    

今の感性にフィットする“塩系インテリア”

新しい部屋のスタイルとして注目され始めている「塩系インテリア」。 “塩顔男子”から連想させる、ホワイト&グレーを基調とした色素薄めのトーン・無骨で飾らない雰囲気・生活感の希薄さ、といった “キメすぎないさり気なさ”がポイントです。 そのコンセプトを具現化する今回のリノベーションは、シンプル×モノトーンの合流、美しいデザインを際立たせるシンプルな空間構成を念頭にデザイン致しました。 リビング&ダイニングの天井は、塩系インテリアをより印象的にするモルタル仕上げ。 陰影を生み出すグレーの濃淡は、職人の手作業による技術の効果です。 床は淡いトーンの無垢材を採用し、お部屋全体に落ち着きを演出します。 また、約23.5帖あるLDKは将来のご家族構成により3LDKにも対応可能です。

この空間を生かすインテリア作りは、家具をなるべく減らして空間の余白を多めに取るのがポイント。 ラックや棚を置く場合などは余白をふんだんに。 そして、インダストリアルの流れを汲み、黒などのアイテムをポイントに使うと相性が良く、空間が引き締まります。 今回のお部屋にもリビングドア、ダイニングのランプシェードと窓枠に黒を配して、住まう方も塩系シンテリアをイメージしやすいように家具も配置致しました。 植物もエアプランツやアガベなど、色合いも希薄さが感じられる物が雰囲気にマッチします。 まるで、カフェやショップにいるような心地よさを、これからの暮らしのなかでお楽しみください。

  

光と緑を感じる、とっておきの場所。 憧れのコンサバトリーがある暮らし

リビング奥の窓側にConsrevatory(コンサバトリー)を設けました。 「コンサバトリー」とは、もともとは英国貴族が所有する温室で、ガラスで囲まれたガーデンルームでした。 近年では、イタリアで開催されるミラノサローネ国際家具見本市でもコンサバトリーがフューチャーされ、感性のある人たちに様々なスタイルで取り入られています。 居住空間でありながら、光や風、緑を感じる半戸外の魅力的な空間です。 このお部屋は、ちょうど窓から豊かな緑が視界に広がる好環境。 もともと一続きだったリビングの余分な空間をコンサバトリーにするアイデアが閃きました。 朝の光を浴びながらヨガをしたり、チェア&テーブルを置いてブックカフェにいるように過ごしたり、使い方は自由自在。 お部屋にいながら心のスイッチが切り替わるような場所です。

  

空間の隅々まで、美しい塩系スタイルを

L型システムキッチン〜バスルーム〜サニタリーなどの水回り部分は、すべて新規交換。 なかでもより利便性を高めたのは、ちょっとした部分ではありますが、玄関を入ってすぐの所に造作した独立型の「コーナー洗面」です。 こちらは、ゲストが家族で使用する洗面所に入らなくても、気兼ねなく手洗いをして頂ける用途があり大変便利です。 タイル貼りのデザインも無骨で飾らない雰囲気の中に柔らかさをプラス。 さらに、廊下とキッチンを仕切るホワイトの2丁掛タイル、デザインガラス×黒枠で構成された壁も、クールな印象で今回のコンセプトを体現しています。 そして、2つの洋室はホワイトを基調にし、心地よく過ごして頂けるようにしました。

  

トップに戻る