東京都のリノベーション済み中古マンション(売主:手数料無料)-Renova(リノヴァ)

ALOHA LIVING Inc.
《日本でハワイの暮らし》西麻布

Renova Halelea 西麻布

SOLD OUT
Halelea 西麻布
チュリス西麻布
専有面積:94.5m2
港区西麻布3丁目
問合せ先 /
 TEL :
  • Show More
  • 物件概要
  • リノベーション概要
  • Map
物件名 チュリス西麻布
築年月 1978年9月築
間取り 2LDK
価格 SOLD OUT
所在地 港区西麻布3丁目
最寄駅
  • 東京メトロ日比谷線  広尾駅  徒歩7分
  • 東京メトロ千代田線  乃木坂駅 徒歩10分
  • 東京メトロ日比谷線・都営大江戸線  六本木駅  徒歩11分
専有面積 94.5m2
バルコニー面積 9.2m2
建物構造/所在階 鉄筋鉄骨コンクリート造陸屋根10階建8階部分
管理方式 全部委託(日勤)
管理費/月額 28,160円
修繕積立金/月額 12,570円
その他費用 940円(管理協力金)
引渡時期 即可
土地権利 所有権
駐車場 空有 月額34,000~42,000円
取引態様 売主
ペット
Read More

リビングルーム・・・壁はハワイの家やホテルなどでは定番のペイント仕上げの壁紙です。天井との境に設けたモールディングが高級感とクラシック感を兼ね備えます。フローリングも海外床の様な光沢感を表す為に4度のコーティングを施し、天井にはハワイで良く見かけるシーリングファンを設置しました。キラウエアを連想する溶岩石を纏った飾り梁も造作しました。

サッシ枠・・・リビングのサッシには、海外製のウッドシャッターを設置しました。宮廷や王室、歴史ある教会、ハワイのモアナサーフライダーやハレクラニ等の高級リゾートホテルや北米の邸宅では必ずと言って良いほどウッドシャッターが窓辺を美しく彩っています。採光量や風通しの調節を自在にでき、視界を確保しつつプライバシーも守る、ウインドウインテリアです。

ダイニング・・・ご家族がお食事と会話を楽しむダイニングはキッチンカウンター式。カウンター天板は高級感あるフィオレストーンを採用。ハワイの住宅やコンドミニアムにもこのスタイルが多くあります。奥に見えるお部屋のドアはガラス入りの大きな親子ドアにしました。ドアを閉めている時も外からの採光をダイニングキッチンまで届くように考慮しています。

システムキッチン・・・框扉の美しいアメリカ式のオーダー高級キッチンです。框デザインはRaised(レイズド)という、外周の框の中央が盛り上がっている板チョコの様なデザインです。ハワイの高級住宅ではこのRaisedのキッチンが必ずと言っていいほど見られます。ミーレ社製の食洗器、洗濯機の他、コンベックや浄水器、ゴミ箱収納まで、機能性も十分です。

廊下・・・「No Rain,No Rainbow」玄関扉を開けると、ハワイの空間が飛び込んできます。目の前の不思議なトンネルはオアフ島のミリラニ地区にあるレインボートンネルをオマージュしています。実は、建物構造上の撤去不可能な大きな梁を隠すために考えられたものです。虹はハワイでは幸福の象徴として愛され、辛い事や悲しい事があってもその後幸せが来るということわざがあるほどです。

洋室(主寝室)・・・ちょっと狭めかと思われますが、クイーンベッドが設置可能なスペースを確保しています。その分ウォーキンクロゼットの面積を広くとっています。棚板に設置したもう1本のパイプはお洋服のコーディネイトがしやすいように取り付けてあります。梁には溶岩石を施しました。溶岩石には遠赤外線効果や、消臭効果や調湿効果もあると言われています。

玄関・・・玄関床はイタリア製のボタニカルデザインの美しいタイルで仕上げています。マンションでは珍しい大容量のシューズインクローゼットを設置し、また帰宅後すぐに手洗いが可能な玄関洗面台も設置してあります。玄関扉の上に設置した「EXIT」ライトはアメリカ製。ハワイのホテルや商業施設でよく見かけますので、ちょっとした遊び心で取付しました。

洗面室・浴室・・・洗面室はハワイの高級リゾートホテルを意識したデザインになっています。フロート型の洗面台、海外製の壁面タイル、額縁ミラー、クラシカルシェイドのブラケットライトはアメリカ製で特別にカスタムメイドしたものです。背面にはルーバー戸の収納があります。システムバスは、1600×2000サイズ。暖房乾燥機、追い炊き機能付き、ガラスドアです。

洋室・・・玄関から虹のトンネルの先にある約5.2帖の洋室です。デスクとブックシェルフを造作設置しました。リモートワークやお子様の勉強机など幅広くご活用頂開けます。収納力のあるクロゼットや天井埋め込み式のカセットエアコン(エアコンは全室完備)も付帯しておりますので、生活様式に合わせて幅広くお使い頂けます。窓にはウッドブラインドを付いております。

 

 

 

 

チュリス西麻布について

地名や坂道の由来に、時代や文化を感じさせる西麻布。

いま西麻布と呼ばれる街の大半は、明治5年から昭和42年まで”麻布霞町”と呼ばれていました。

江戸時代には、この地に阿部播磨守の広大な下屋敷がありました。明治に入ったとき、隣接する「霞山桜田神社」から「霞」を取って、町名としたとされています。この頃、麻布一帯にあった屋敷の多くは、軍の施設や軍関係者・政治家・華族の住む高級住宅街、各国の大使館になりました。昭和42年に、麻布町と麻布霞町の大部分と、周辺町の各一部をあわせて “西麻布”となったそうです。

西麻布といえば外苑西通り(都道418号)と六本木通り(都道412号)が交差する、西麻布交差点が有名です。西麻布交差点を中心の谷として、旧地名が名前の由来となった2つの坂があります。六本木方面に登る坂は、旧町名『麻布霞町』から『霞坂』となり、渋谷方面に登る坂は、坂の下を流れていた『笄川(笄町)』から『笄坂』となりました。また、交差点の一角にある「権八 西麻布」は、ブッシュ元大統領と小泉元首相の歴史的な「居酒屋会談」や、映画監督クエンティン・タランティーノの「Kill Bill」のシーンのモデルになったことで、世界的にも有名なお店です。

外苑西通り沿いに構える『チュリス西麻布』は、1978年9月に住友建設(株)が竣工した総戸数45戸の10階建てのマンションです。築後43年(2021年7月現在)が経過していますが、長期修繕計画書に基づき計画的に大規模修繕工事を行っており、管理組合の体制はしっかりとしています。共用設備としては宅配ボックスや駐車場、駐輪場やバイク置場を設置しています。2012年には免震化耐震改修工事実施済みで、耐震適合証明書発行の対象にもなっています。幼稚園(さくらインターナショナルスクール麻布校)は徒歩1分、笄公園や笄小学校は徒歩2分圏内、高陵中学校は徒歩5分と、教育環境も整っています。有栖川宮記念公園も徒歩7分の場所にあり、都心にありながらも緑豊かな自然を感じられる環境です。

Renova magazine TOWNNAVI『西麻布/街巡り』はコチラ≪